自動車の車検をできるだけ安く済ませる方法

新車登録をしてから初回はその3年後に、それ以降は2年ごとに受ける必要があるのが車検です。これは簡単に言うと、自動車の安全性を確認するための検査です。この検査を受けることは、法律によって義務付けられています。よってこの検査を受けていない車は、走行することができません。また検査に合格するための基準も定められているので、たとえ検査を受けたとしても、その基準を満たしていない、検査を通らなかった車も走行させることは不可能です。この検査は、整備工場やガソリンスタンドなどで受けることができます。また、自分で検査を行うユーザー車検と言う方法もあります。そしてこの検査にかかる費用は、工場やガソリンスタンドごとにより異なります。できるだけ安く済ませたいと言う人は、以下のような点に気をつけると良いです。

自動車の車検をできるだけ安く済ませる方法~割引サービスの利用

検査にかかる費用を安く抑える方法として、まず挙げられるのが割引サービスを利用すると言う方法です。整備工場やガソリンスタンドでは、たとえば早期に検査予約をすると割引サービスが適用されると言う制度をとっているところも少なくありません。またそうしたサービス併用可能で、ネットから申し込みをすると、更に割引が適用されると言う制度を設けているところもあります。この検査に関しては、検査自体を受けることに関しては期間が定められています。しかしその検査の予約自体に関しては、特に期限は定められていません。そのため早期予約割引に対してのサービスが設けられていることもあると言うことです。どこで、どんなサービスが設けられているかは、事前に調べておくのが望ましいです。ですから、その辺りも含めて、複数の業者などから見積もりを取るのがおすすめです。

自動車の車検をできるだけ安く済ませる方法~車種の選択

もうひとつ、方法として挙げられるのが自動車を購入する際に、その車種に気をつけると言う方法です。検査にかかる費用は工場やガソリンスタンドなどにより異なると言いましたが、一方で、法定費用と呼ばれる部分に関しては、どこで受けても費用は同じです。これは、この部分に関しての費用は法によって設定されているためです。ですがこの中の自賠責保険と重量税に関しては、普通車と軽で差があります。これはどちらも普通車の方が高い値段に設定されています。重量税は、車の重さに対してかかる税金ですから、軽よりも重量がある普通車の方が高いと言う具合です。また検査に関してですが、その項目は、普通車も軽も変わりはありません。ですが普通車の方が、検査する時に手間がかかるため、検査費用も高めに設定されていることが多いです。よってできるだけ安く済ませたいと言うのであれば、購入時に軽を選択するのもひとつの方法です。

新聞雑誌、テレビラジオにも多く取り上られています。 利用者は全国で毎年20万人以上。リピート率は70%を越え、ご愛顧をいただいています。 全国47都道府県にて展開。全国統一のサービスでどこのエリアえもご愛顧頂いています。 立会いと徹底対話を軸にしたホリデー独自のシステム。 総合的にサポートしてくれる、お近くの加盟店を探すことができます。 インターネット予約キャンペーン。 自動車の車検も【低コスト】が可能です