自動車を車検に出す際に気をつけたいポイント

法律によって、自家用車は定期的に車両の安全性を点検するという観点から車検が義務付けられています。乗用車の場合は新車登録後3年、それ以降は2年に一度入念に検査を受け、合格した車両でなければ公道を走行することはできません。重量税や自賠責保険など法定費用もその際に支払う必要がありますので、一般的には料金が高いというイメージもありますが、さまざまな方法で費用負担を軽減する方法もあります。もっとも重要なのは自動車の安全性であることは間違いありませんが、その維持費の中でも大きなウエイトを占める車検に関する費用をできるだけ節約することで、より充実したカーライフをおくることができるのは間違いないでしょう。様々な業者がお得なプランやサービスを設定していますので、比較検討して選ぶことも重要です。

格安料金でも安全性は確保されているので大丈夫

自動車の検査に関しては、厳しく定められた基準に沿って整備士の資格を有しているスタッフが入念にチェックを行います。そのため、車検に通過した車両であれば公道の走行には問題のない安全性が確保されていることを証明されたこととなります。つまり、整備費用が安い業者に依頼をしても基本的に安全性に関しては心配がいらないことと言えます。ディーラーで実施する場合には、より確実な安全マージンをとるために、過剰な整備やまだ使用できる部品の交換なども行われ、それがトータルの料金に含まれる場合がありますので専門業者と比較すると総支払額は高めとなる傾向があります。カー用品店や専門整備業者の場合においては、安全性の確保のために必要性のある部品についてはもちろんしっかりと交換しますが、直接安全性に関わりのない部分はユーザーとの打ち合わせで取捨選択ができる場合が多く、結果的に安く済ませることも可能となります。

早期予約での割引特典やポイントの利用ができる業者も

車検の時期が近くなってから、どの業者に依頼をするかを決めるよりも、半年以上前からあらかじめ決めておき予約をしておくというのも料金を安く抑えるためにおすすめの行動です。多くの業者では、利用者へのサービスとして、期限のかなり前から事前予約を入れることによって整備代金を割り引くサービスを実施している店舗も見られます。最大割引率が20%を超える業者もみられるなど、見積もりを複数の業者から取って比較検討することもおすすめです。また支払いに関しては、ポイントでの還元サービスが付帯するところもあり、定期的なオイル交換や点検整備などでそのポイントを利用できるというケースもあります。高額な点検整備にかかる費用も、上手に自動車整備業車を選び、便利に安く利用したいものです。